結婚式の招待状を送るなら|手作りで作ることもできる

女の人

人気の余興

夫婦

結婚式の余興の中で、プロフィールムービーは人気があるものの一つです。今は写真のデータを入れるだけで簡単に作れるものも多く、本格的な知識がなくても手軽に作ることができます。また、ゲストと一緒の写真を織り交ぜておくと、見ているほうも楽しく見ることができます。

もっと見る

複数を比較検討しましょう

式場

横浜で結婚式を挙げる場合、多くの結婚式場から選ぶことができます。しかし、どの会場も人気なので特に週末などは予約で埋まっていることもあります。早めの予約をおすすめします。ブライダルフェアに参加すると会場選びのヒントになるでしょう。

もっと見る

日本らしい結婚式

和婚

福岡で神社挙式を行う際は神殿の規模に注目しましょう。多くの参列者を招いて挙式したい際は、できるだけ大きな神殿のある神社を選択することが大切です。神社挙式を開催すれば和風の衣装を身につけることができますし、和の伝統を感じながら男女が夫婦になれます。

もっと見る

用意するなら

招待状

手作りする場合

結婚式を挙げることが決まったのなら、ウェディングドレスを選んだり、料理はどうするのかなどやらなければならないことが多いのですが、その中の一つに招待状の用意というものがあります。もしも費用を抑えたいというのであれば、自分たちで招待状を作ってみると良いでしょう。それに意外と手作りしておくメリットは多く、例えば結婚式への招待だけでなく、今までにお世話になっている人になら、お礼の言葉を添えてみたり、仲間にだけ通じるような話を書いておくなど、それぞれに招待状を作り分けることが可能なのです。材料に関しては、ホームセンターなどに行けば売っていることもありますし、最近では結婚式用の招待状キットがインターネット通販でも手に入ります。

業者に依頼する

忙しくて作る暇がない、あるいは大勢に出さなくてはいけないため間に合わない、そもそも招待状はどのようにして作れば良いのかわからないというのであれば、専門の業者さんに依頼しておくというのも良い方法です。プロにやってもらう利点というのは、手間が省けるだけでなく、ミスがないということが大きいです。結婚式の日時だけでなく、会場への地図なども完璧にしてもらえるため、新郎新婦の負担が軽減されるというものです。ただ、そのためにはきちんと打ち合わせをしておく必要があり、金額のことだけでなく、どのようなデザインにするのか、人によって招待状を変えるのであれば、誰にどれを送るのか、間違いがないようにしておきましょう。